婦人

化粧品は60代でも大活躍します|年齢を問わないアイテム

自由診療で治療できます

目

年齢や薬の副作用も原因

「まつげの量が少ない、薄いと感じる」、そんな悩みを抱えていませんか。もしかしたらまつげ貧毛症かもしれません。マスカラやビューラー、つけまつげなどは、ケアとして行っているつもりでもまつげに負担をかけてしまいます。また、年齢やアトピー性皮膚炎などの皮膚疾患、抗がん剤などの薬の副作用も毛が抜け落ちてしまい悩みを持つ人もいるでしょう。しかしまつげ貧毛症は病院で治療することが可能です。様々な原因で起こるまつげ貧毛症ですが、治療できる専用の薬を、病院で医師に処方してもらうことができます。皮膚科や眼科、内科や、美容外科などの病院で治療できます。保険が適用されないため、全額自己負担での診療となります。相場では薬代、診察代、適応検査料等含めて3万円前後です。

医師に相談しましょう

まつげ貧毛症の治療ではどのようなことを行うのか、こちらで説明していきます。まず診察室で医師にまつげの状態をチェックしてもらいます。その際、自分の抱えている悩みを相談すると良いでしょう。貧毛症と診断された場合は、生活習慣の指導や自宅でできるケアの指導などをしてもらいます。薬を使う必要がある場合は、治療薬を処方してもらいます。生まれつきや、事故や病気の影響等で発毛が不可能であれば、植毛が行われることもあります。また病院で処方や出しているまつげに効果的な美容液もあります。美容液であれば毎日負担なく使用することが出来ます。また健康なまつげを保つためには、食生活、睡眠など規則正しい生活をすることが大切です。まつげは「かわいい」「明るい」など人に良い印象を与えることができます。